web制作に関わる職種と仕事内容とは?

webサイトの制作は、企画から新規WEBサイトを立ち上げたり、既にあるサイトのリニューアル、コンテンツを追加するといった業務です。さまざまな部署と連携を取りながら1つのサイトを作り上げていきます。

Webプロデューサーは、企画の立案から運用まで全体把握が仕事内容です。サイトの効果が最大に生かされることを主体としての作業をおこないます。Webディレクターは、プロデューサーから降りてきた企画を具体的に実現するための費用算出や、デザイナーの選出などをおこないます。Webデザイナーは、サイトのランディングページのビジュアルデザインを制作したり、デザインの統一性を整えることがメインの仕事です。実際にHTMLやCSSというプログラミング言語を使って、コーディングすることもあります。Webコーダーは、webデザイナーが決めたデザインの枠組みに沿って、プログラミング言語を使いコーディングしていきます。

web制作に必要なスキルとは

web制作は、1つのサイトを作るため、それぞれの専門クリエイターと仕事を分担しながら進めていくことになります。web制作に必要なスキルは、Web構築全体についての理解や、協調性、クライアントへの理解といったスキルが求められます。特にコミュニケーション能力は大切です。共通認識のもと仕事を進めるためには、お互いの部署がコミュニケーションにより要点を確認しあいながら仕事を進める必要があります。スムーズなコミュニケーションのためにも、web制作で使われる基本的な専門用語は理解しておくようにしましょう。

デザイナーがサイトを制作する際、写真やアイコン、テクスチャなどは、商用利用可能なフリー素材を使います。著作権表記が不要でクオリティが高い素材サイトを見つけておくことも重要なスキルです。