web制作はクライアントのイメージ通りに進むとは限らない

web制作では臨機応変に対応できる性格を持っているとクライアントから喜ばれます。web制作ではクライアントと打ち合わせをして発注を受けますが、必ずしもクライアントがイメージしていたような仕上がりにならないこともあります。少し変更して欲しい、デザインを変えられないかなどといった相談を受けることは珍しくありません。この際にクライアントのイメージに合うようにしつつ、納期にも間に合う形でweb制作を進められると高い評価を受けられるのです。臨機応変さがないとクライアントから言われたことを受け入れて、すぐに何をすべきかを判断できません。web制作の担い手として働いていく上では重要なポイントなので、発想力と対応力を身につけましょう。

柔軟なアイデアとスケジュール感があるのは理想的

web制作では柔軟性も重要で、臨機応変な対応力につながります。柔軟にアイデアを出してweb制作に盛り込める可能性を考えていくと、もっとクライアントが喜ぶWebを完成させられるでしょう。柔軟に考えてクライアントファーストの視点で制作を進められるのが理想的です。ただ、開発に無駄に時間をかけてしまうのも問題になります。色々なアイデアを盛り込もうとすると開発に時間がかかり、クライアントとのやり取りでも時間的な負担を強いられることになるでしょう。納期に間に合うようにweb制作を進めるのは前提です。そのため、正しいスケジュール感を持って臨機応変に作業を進めていく力が求められます。どうすれば制作を早められるかを常に考えられる人は成功できるでしょう。

webサイト構築とはwebサイトを作るというだけではなく、見え方、サイト内の導線などを考えてCVに結びつけることです。